日暮れ間近の木道散歩

2017.10.3

どんよりとした日暮れ間近の南側用水路を覗き込むと
清々しい水が流々と流れておりましたので
久し振りに木道に下りてみますと…

IMG_8312.jpg

誰もいない水路沿いには、鳥や虫の鳴き声が響き渡り
水や草木の気持ち良さに何とも言えない気持ちになりました。

短いですが動画を撮りました

夕方の南側用水路

ご先祖様の残してくれた大切なものが
ほんのひと汗かくだけで、未来の子供達への素敵な贈り物になるのです。

さあ!
もうひと頑張り。
皆で、良い汗をかきましょう~!










2017-10-08 11:07 : 用水路の魅力 :

9月16日のオソージ会

とても良いお天気になりましたが
九州地方には台風も来ているようで心配です。

IMG_8215.jpg
夏水の途絶えた用水路は白く濁っておりました。
何故?

IMG_8212.jpg
これが原因でした。
入浴剤。
法律に基づいた合併浄化槽を設置しているにもかかわらず
一度に大量に放流しますと浄化槽の処理能力を超えてしまい
この様になってしまうのだそうです。

将来的には、合併浄化槽から流れ出た排水は
用水路に入らない様にしたいものです。

IMG_8228.jpg
本日は、いつもの木道エリアから下流域に向けて清掃作業をしながら
次の展開に向けてスタートを切りました。
名付けて「宮ノ下溜井復活計画」です。
これにより、通水区間が大幅に延長されることになります。

完成したトンネル木道は約220mですが
第二弾の宮ノ下溜井エリアは600m程ありそうです。
恐らく2年程かかるものと思われますが
それを1年でやってしまいます。

無理です。

IMG_8220.jpg
「宮ノ下溜井」からの落とし掘りを早速掘り始めた頼もしい木村隊員」
「宮ノ下溜井」とは、私が命名させて頂いた「堰」のことです。
溜井システムは、葛西用水路に於いて最も重要なシステムの一つで
主線である葛西用水路の溜井システムが、
支線である南側用水路にも作られていたのです。
これは大発見なのです。
なんとしても「宮ノ下溜井」を復活させ、通水を実現させたいものです。

IMG_8224.jpg
この辺りに落とし口があるのです。

IMG_8222.jpg
いよいよ始まりました!
作戦第2弾!
「宮ノ下大通水計画」


IMG_8230.jpg
落とし口周辺域を調査し、希望に胸を膨らませる隊員一同。

IMG_8241.jpg
そして、イモ虫も膨らんでおります。

IMG_8218.jpg
貴重なイトトンボが多数飛び交っておりました。

IMG_8240.jpg
水路を覆い隠すヌスビトハギ。
なんでヌスビトなどというかというと…

IMG_8244.jpg
こうなってしまうからです。
マジックテープの原理で種子がくっついてしまいます。

IMG_8238.jpg
80歳になられた田辺さん。
桐の木の横でパチリッ!
10歳はお若いですね!!
かつてはパン屋さんをやられていたそうです。

では皆様行きますよ!
田辺さんに続け~!!!!!


2017-09-18 23:00 : オソージ会の記録 :

9月13日 彼岸花

暗渠となった用水路沿いに植えた彼岸花が咲きました。

IMG_8196.jpg

IMG_8194.jpg
草の陰でも元気に咲いています。

IMG_8193.jpg

IMG_8197.jpg

IMG_8198.jpg
来年はもっと咲くな…

IMG_8200.jpg
斜面に少しだけ残された植栽が西陽を遮ってくれています。

IMG_8203.jpg

IMG_8205.jpg
セイバンモロコシがめちゃくちゃ元気な感じですが
面白いことに草たちの植生は毎年変化していきます。
一見セイバンモロコシの天下に見えるかも知れませんが
実は或る仕掛けがありまして
数年後、面白い感じになると思われます。

IMG_8192.jpg
埼玉県が植えてくれた黒松。
もともとここは赤松の街道でした。
日光御成街道!
日光街道よりも格上ですよ。
徳川吉宗も通ったそうです。

恐らくこの松を見て、吉宗公はこう言われるでしょう…
「あれ?御成街道って、赤松じゃなかったっけ?…まっいいか(;^ω^)…」


2017-09-17 12:27 : 用水路の動植物たち :

平成29年8月23日 第5回がまツーリズムの記録

良いお天気の中
第5回がまツーリズムを迎えることとなりました。
第1回がまツーリズムが2010年でしたので
あれから7年という歳月が流れました。
ウシガエルの声を聴きながら散歩をしようというのが始まりでしたが
いつの間にか川の再生がメインになりました。

有難いことに水路の一部には水の流れが戻り、
南側用水路の価値の再評価には繋がりましたが
多くのウシガエルはいつの間にか姿を消しました。

もともと「特定外来種」などと差別的に呼ばれたウシガエルがどうなろうと
どうでも良いと思う方がほとんどだと思いますが、
私的には、とても寂しい気持ちが致します。

IMG_8006.jpg
黄金色の田んぼを通り抜け
まるでジャングルの様な南側用水路トンネル木道のベンチで
参加者の方々とガリガリ君をいただきました。

IMG_8033.jpg
その後、永福寺の大施餓鬼へ

IMG_8009.jpg
ご住職のご了解のもと
我々もお店を出しました。
「第一回どじょう市」と命名し、地元の獲れたて野菜と新米を直売しました。
その他、「どじょうおみくじ」や「どじょう絵馬」も特別に制作致しました。
今後、「どじょう市」が盛り上がると良いですね…。

IMG_8012.jpg
境内の様子です。

IMG_8013.jpg

IMG_8014.jpg

IMG_8016.jpg
因幡池に続く道には
色々と屋台もあり楽しいですね。

IMG_8018.jpg
永福寺裏手にある因幡池(いなばいけ)のお飾り

IMG_8019.jpg

IMG_8020.jpg

IMG_8026.jpg
ドジョウを池に放ちます。

IMG_8022.jpg
坊さん太鼓が響きます。

IMG_8029.jpg
太鼓が終わると、方々から集まったご住職により
大施餓鬼法要が行われました。

IMG_8037.jpg
がまツーリズムが無事終了し
私も、焼きそばをいただきました。
来年も必ず焼きそばをイタダキますよ。

この地域では、施餓鬼が終わるといよいよ秋が来ます。
農家では、本格的な稲刈りの季節となり忙しくなってまいります。
そして子供達は、夏休みの宿題で気が重くなり始めるのです。
…懐かしい記憶が蘇ります。

IMG_7953.jpg
この度のがまツーリズムに合わせて制作した永福寺絵馬。
龍が出てきて人々を極楽に導くという永福寺のどじょう施餓鬼は
600年間も休むことなくおこなわれてきました。

どじょうを龍に見立てて因幡池に放つというのは
この地域の豊かな水水田文化を物語っているものです。
それは、豊かな「にごり水文化」ともいえるものです。

清流に住む生物というより、濁り水に住む生物たちのパラダイスと言えるでしょう。
ウナギ・フナ・コイ・ナマズ・ドジョウ…
埼玉県東部地域は日本一の濁り水文化地域です。

gamaのコピー
読売新聞様が、記事にしてくださいました。
お忙しいなか取材を頂き有難うございます。

記事をご覧頂いた方から沢山のお問い合わせを頂きましたが、
現在のところ、南側用水路「トンネル木道」は非公開となっており
一般の皆様は歩くことが出来ません。

本来この様に素敵なところは
自由に歩くことが出来ると良いと思いますが…


ご協力いただきました永福寺様・杉戸町役場様・NPO法人すぎとSOHOクラブ様と、
ご参加くださいました埼玉県東部環境事務所様を始め地域の皆様に心より御礼を申し上げます。


当日の様子を紹介して頂いております↓
               杉戸町役場HP
2017-09-09 17:39 : がまツーリズム :

8月19日(土)の記録

いよいよ来週に迫った「がまツーリズムその5」を前に、
木道を用水路の水で清めてピカピカにしました。

8月23日には、この木道を歩いて永福寺へ向かいます。
永福寺では600年続く「施餓鬼」がおこなわれます。
永福寺の施餓鬼は「どじょう施餓鬼」と呼ばれるもので、
永福寺裏の因幡池にどじょうを放流します。

世界的に見ても唯一無二であり
この地域の水田文化の豊かさを象徴するものです。

伊勢神宮に向かう熊野の道は地域の宝物として大切に守られ世界遺産となりましたが、
埼玉県東部地域の貴重な水路はゴミ捨て場になりました。

水路と水田文化の再評価こそ、この地域の街作りの土台となるべきものであり
世界の中で輝く埼玉県東部地域となる為には必要条件であると思われます。

宮沢賢治は岩手県を「イーハトーブ」と呼び
賢治の桃源郷を魅力的な童話や詩で創造していきましたが
私は、埼玉県東部地域を「サイハトーブ」と名付けました。
「サイハテ」という言葉とニュアンスが似ており気に入っております。

余談ですが、私は「サイハテ学会」という学会に所属しており
いつかこの地で「サイハトーブ芸術祭」を開催したいと思っております。
因みに「第一回がまツーリズム」は、
サイハテ学会の会長である東京造形大の中里教授には大変お世話になりました。


IMG_7976.jpg
水路の水を汲み木道をデッキブラシでゴシゴシ…220m(;^ω^)

IMG_7981.jpg
K氏が水路に落ちてズブ濡れになりましたが、家に帰ることも無く
そのまま作業継続してました。。。
イイ根性してますね!
50年振りに南側用水路を泳いだ人となりました。

IMG_7974.jpg
お客様を待つピカピカ木道

IMG_7987.jpg
永福寺も施餓鬼の準備を着々と

IMG_7995.jpg
「施餓鬼が終わると秋ですね」
地域の人々は昔からこう言って、稲刈りの準備を始めます。

IMG_7985.jpg
客人を待つアカボシゴマダラ君


2017-09-09 14:32 : オソージ会の記録 :

8月5日の記録

木道を作り始めて来月の5日でちょうど丸2年。
ついに木道ベンチが出来ました。
水路を挟んで2か所に設置。
キツキツ20名が座ることが出来ます。
しかも向かい合っておりますので会議も出来ます。


IMG_7912.jpg
さっそくベンチの座り心地を試している隊員一同。
座り心地は勿論…最高です!

IMG_7917.jpg
時々カルガモが通り抜けていきます。

IMG_7918.jpg
カルガモも嬉しそうです。

IMG_7922.jpg
川底から拾い上げたごみ。

IMG_7923.jpg
ゴミグモの巣。
長さ約12cm。
この中に隠れていて獲物を捕まえるのだそうです。
ゴミグモと呼ぶのは気の毒なほど、美しく可愛らしい巣ですね。
この日、森さんはトンネル木道で今までとは違う2種類の蜘蛛を見つけたそうです。
となりますと、このエリアにいる蜘蛛の種類は28種類にも及ぶという事になります。
日本にいる約130種類の内28種類がここに集まっているとは…
なんと豊かな生態系なのでしょう!!

やはりここは生きた博物館ですね。


2017-08-07 16:39 : オソージ会の記録 :

「がまツーリズム5」のお知らせ

水と緑の「トンネル木道」を歩きませんか~

日時:2017.8/23(水)
集合時間:午前9時
集合場所:杉戸町高野台「西公民館」(東武日光線・杉戸高野台駅より徒歩5分)
参加費:300円(小学生以下100円)
解散時間:11時30分~12時頃
解散場所:永福寺(杉戸高野台駅まで帰る人もおります)

内容:約3キロメートルほどの平地散歩です。

    水田を抜け普段は入ることの出来ない「トンネル木道(約220m)」を歩き
    再び水田を抜け永福寺に参ります。

    永福寺では600年続く「どじょう施餓鬼」という因幡池にドジョウを放つ法要があり、見学を致します。
    境内には屋台などもあり軽食もいただけます。

    尚、どじょう施餓鬼に合わせて永福寺オリジナル「登り龍絵馬」(500円)を100部限定発売いたします。

    途中日陰など有りますが、帽子や日焼け止め・虫よけ対策・お飲み物等を
    ご持参いただき、ご参加ください。


IMG_7799.jpg
外がカンカン照りでもトンネル木道は別世界。

IMG_7782.jpg
虫や植物に詳しい森真知子さんの楽しい解説を聞きながら
ちょっと変わったお散歩はいかがでしょう~

IMG_7788.jpg
真夏の暑い日
子どもの頃の夏休みを思い出して下さい。
忘れられない素敵な思い出になると思います。


新しい自分に出逢えるかもしれない
凄いイベントです!!!

少人数限定イベントですので
ご参加の際には、必ずご連絡くださいませ。


がま20178 1
がまツーリズム2017パンフレット



2017-08-07 14:26 : がまツーリズム :

7月29日の記録 水路板流し(動画あり)

南側用水路木道エリアの最下流部に作る木道の材料を
水路に流して運びました。
次々に流した板や杭を手際よく竹の棒で操る少年二人。

少年には、夏休みが良く似合います。

IMG_7816.jpg
誰にも教わらないのに

IMG_7817.jpg
何故か上手

YouTube「板流し」の様子は↓
南側用水路「板流し」





IMG_7827.jpg
子どもたちが運んでくれた材木でトンネル木道の最下流部を制作。
これによりトンネル木道(220m)全線の開通です。
次回からここにベンチなどを制作する予定です。
そして木道は、更に下流に向かって伸びていく予定です。





2017-08-07 00:15 : オソージ会の記録 :

7月15日の記録  遂に木道が繋がった!

本日は、本年度の木道の資材の援助を頂いておりますサイサン環境保全基金の中畝様が見学に来られました。

増水の為、足元が不安定でしたが何とか作業は出来そうでしたので、
木道作りの作業を行うことが出来ました。

IMG_7647.jpg
本日の作業により木道220mが遂に繋がりました。

IMG_7655.jpg
ちょうどいいタイミングで、
美容室パートナーのオーナーより、
ガリガリ君と冷え冷えドリンクを差し入れ頂きました。

DSC_0246b.jpg
一本締めにて、木道が繋がったお祝いをしました。                                 
写真提供:中畝様


DSC_0245b.jpg
とても目出度き日。                                                
写真提供:中畝様


皆様大変お疲れ様でした。
サイサン環境保全基金の中畝様。
遠いところお越しいただき有難うございました。

中畝様からは、後日写真をお送りいただきました。
有難うございます。
南側用水路の民として心より御礼申し上げます。






2017-08-06 23:25 : オソージ会の記録 :

6月6日の記録


本日は臨時オソージ会です。
たまには夕方という事で、平日ですが17時からのオソージ会です。

天候不順が続きましたが本日は良いお天気でした。
福島チームの佐藤さんと高橋さんも久しぶりにお見えになり、
安定した戦力のもと、サクサクと作業は進みます。

IMG_7516_20170806225236782.jpg
この写真好きですね…
皆なんか一生懸命で、
イイ空気感が漂っております。

IMG_7518_20170806225237ea7.jpg
この写真も良いですね。
皆さんこの場所に馴染んでますよね…。

もしも街中がこんな感じになったら、
素敵でしょうね!

充実した夕方でした。
皆様お疲れ様です。






2017-08-06 23:02 : オソージ会の記録 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

エンドウキヨシ

Author:エンドウキヨシ

埼玉県北葛飾郡杉戸町
南側用水路清流プロジェクトのブログです

ブログ内の全ての写真・文章・イラストは著作権で保護されています。
copyright© by Kiyoshi Endo All rights reserved.

click!

ポチっと押して、この活動の応援を宜しくお願い申し上げます↓↓↓

南側用水マスコットキャラクター

ベロンチョ
ベロンチョ・ミナミガワ
ベロンチョガール
ポロンチョ・ミナミガワ

コイ
コイ

なまず
ナマズ

ワシザリガニ
ワシザリガニ

キツネ
きつね
©Kiyoshi Endo

このサイト上のイラスト、文章等、
無断でのご使用はご遠慮願います

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: