3月29日(金) 南側用水路清流プロジェクト×都市施設整備課

前回の浚渫で
200mの内150m程は完了したのですが、
50m程は残ってしまいました。

ので、本日は臨時に作業を行うことにしました。
AM8:00集合

当初私と木村さんでやってしまおうと思ったのですが、
メンバーの中村さんもお手伝い下さり
更には、都市施設整備課の方々もご参加くださいました。

ありがたいですね!

IMG_3148_20190404205140dc5.jpg
眼鏡橋の出口付近。
ドブ臭さは強烈で、鬱蒼と草木が生い茂り川底が見えません。
ある意味、私はこの様に人間の作為を超えた世界は大好きです。

IMG_3149.jpg
余り野生的な植生を壊したくはないのですが
川底の浚渫が必要なので
出来る限りの現状の植生を残しながら
川底の手入れをしました。

IMG_3153_2019040420514308c.jpg
木村さんは街作りにとても熱心な住民です。
偉いのは、有言実行なところです。
こういう人が町を支えているのですよ!

IMG_3154_20190404205144282.jpg
眼鏡橋の出口の水たまり
強烈なドブ臭がします。

この様な劣悪な場所がある街って、如何なものか…

IMG_3156_2019040420514687e.jpg
役場の若手は、呑み込みが早いですね。
要領よくサクサクと作業が捗ります。

IMG_3157_2019040420514727d.jpg

IMG_3158_20190404205149fa3.jpg

IMG_3159_2019040420515041c.jpg

IMG_3160_20190404205137e8d.jpg
グリ石や金属フェンスの様なものが邪魔をしてなかなか大変でしたが
何とか開通しました。

IMG_3162_20190404205138720.jpg
ゴミも僅か2時間でご覧の通り

我々は10:00に切り上げましたが
役場の方々はその後も作業を続け
遂に200m全線が開通しました!!!

これで、木道250m+その下流200m+今回の場所200m+大膳堀までの水路600m
=1250mの通水の可能性が出てまいりました。

なんて素晴らしい事でしょうか!
今後この場所に木道などを整備し
楽しいエリアにしたいですね。

皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。


2019-04-04 21:27 : オソージ会の記録 :

3月25日 杉戸町役場+南側用水路清流プロジェクト+地域住民

杉戸町役場+南側用水路清流プロジェクト+地域住民による浚渫プロジェクト!

下高野2の2区の区長に回覧板で告知いただき、
眼鏡橋から宮ノ下溜井までの200mの浚渫オソージ会を行いました。


IMG_3042.jpg
宮ノ下の集会場に9:00に集合
写真は、休憩中の宮ノ下橋

IMG_3039.jpg
宮ノ下溜井付近

IMG_3040.jpg
奥に見えるのが宮ノ下溜井の落し口
ここまでが目標です。
ここまで水が来れば落し口から600m程下り、大膳堀までの通水が可能となります。

IMG_3041.jpg
宮ノ下溜井から宮ノ下橋方向

IMG_3046.jpg
宮ノ下橋付近の浚渫

IMG_3048.jpg
宮ノ下橋付近の浚渫
この辺りは護岸に植栽が全く無く
その為に土砂が崩れてしまっている。
護岸の樹木や竹類を大切にしなければならない。

IMG_3050.jpg
水路沿いに住んでおられるご近所さん。
ご婦人なのにご立派です!

IMG_3051.jpg
ほんの少しの浚渫でも
こうして周りからジワーっと水が湧いてきて
水道が作られる。
すると水道の周辺の土が締まり、数日経てば歩けるようになるのです。

IMG_3059.jpg
30年ぶりのゴミ掃除。
沢山ありました。
時々我々も水路の上からゴミを引き上げておりましたが
どうしても手の届かない所のゴミが
本日引き上げられました。

IMG_3056.jpg
護岸の竹を根こそぎ切らずに刈り込んで垣根状にしてある場所があります。
根こそぎ切ると護岸崩壊となりますが
どうしても植物が邪魔なところは
この様な垣根として維持していくのも良い方法かもしれません。

IMG_3058.jpg
アオサギが遊びに来てくれました。

コンニチハ!
皆さんお疲れ様です。

…と、言っているに違いない。

区長様をはじめ
2-2区の方々
杉戸町役場都市施設整備課の方々
南側用水路清流プロジェクトの皆様

平日にもかかわらずお集まりいただき有難うございました。




2019-04-04 09:34 : 未分類 :

3月16日オソージ会

いつもの木道のオソージと眼鏡橋の手前のあたりの浚渫を行いました。
私は3月と4月の作業はどうしても予定がつかず
大変申し訳ないのですが欠席をさせて頂きました。

皆様有難うございました。

IMG_2203.jpeg
2019-04-04 09:16 : オソージ会の記録 :

2019.2.16 オソージ会の記録

良いお天気の中ノンビリとオソージ会です。
なんの見返りも求めない純粋なボランティアですが
色々なご褒美をいただきます。

ポカポカお日様の穏やかなひと時…
まるで座禅の様に静かな真空の時間。

IMG_2717.jpg
木道の下流域の浚渫を一通り行ないました。
長靴を忘れた為靴が泥だらけに…

IMG_2690.jpg
木道域も、さほど水は有りませんが落ち葉などが少々溜り流れが悪くなっておりましたので
ごみを拾い川底の手入れをしました。

IMG_2698.jpg
木道の上流部…第2橋のかかっているところに自然のワンド(ちょっとした深み)が出来ていました。

ワンドでは水の流速が遅くなり水深が深くなりますので
小さな魚などの生き物にとってはとても住みやすい場所といえます。

IMG_2696.jpg
木道の杭が水流を変え自然にワンドが形成されたのです。

IMG_2701.jpg
そこで第3橋にもワンドを作ろうと思い少々の浚渫と水流を阻害する障害物を設置しました。

IMG_2695.jpg

IMG_2715.jpg

IMG_2716.jpg
ただ竹を数本立てただけですが…

IMG_2688.jpg
何者かが木道のコケを食べた跡。

IMG_2689.jpg
森さんが見つけました。

IMG_2687.jpg
ミミズでしょうか?
一生懸命に食べています。
健気な生き物の熱い暮らしぶりが伝わってまいります(感動)!

IMG_2693.jpg
美しいシノダケに囲まれた「トンネル木道」

IMG_2692.jpg
通行を邪魔するヤツデの木。
木道を作る時に残したヤツデが良い感じです。
邪魔しているとは失礼な言い方をしました…
「木道でお昼寝をしている」…が、正しい言い方です。

IMG_2718.jpg

江戸時代に作られた用水路を大切に守り
埼玉県杉戸町を世界一の水路と水田文化を伝える街に致します!

IMG_2720.jpg
砂を一粒ずつ集めると「地球」というものになります。




2019-03-03 11:28 : オソージ会の記録 :

1月15日 杉戸町役場都市施設整備課ミーティング

本日は杉戸町役場都市施設整備課と
南側用水路清流プロジェクトの
次年度に向けての打ち合わせをしました。

ご担当の橋本さんが
昨年の試験通水の結果を纏めてくださいました。

これによれば通称三田ゲート(木道出口)の最高水位は99cmでした。
この時の宮ノ下溜井の最高水位は19cmで、
JA高野支店方向への通水が見事確認されました。

しかし木道の出口で99cm(増水前は約56cm程)も水位が上がりますと、
木道のかなりの部分が水没してしまいます。

これを改善するには
木道出口から宮ノ下溜井までの浚渫が必要です。
特に眼鏡橋と呼んでいる仮設のヒューム管に土砂が溜り通水を阻害しています。
眼鏡橋内の土砂は30cm程は有りそうですので
単純に眼鏡橋内をきれいにすれば水位はソコソコ低下するものと思われます。
木道を水没させなくても宮ノ下溜井そしてJA高野支店までの水辺を再生させることが出来るのです。


〈本日の会議のレジメ〉…私が用意しました。
Documents¥IMG_021

本日の会議のポイントは
「共通認識の共有」です。

先ず
①本年度の目標(夏水が来る前に)
  ・地元の協力者を集める為に区長への働きかけと用水路再生計画の説明会を開催し宮ノ下溜井までの浚渫を行う。
   (3~4月中に完了する)
②次年度の目標(2020年の夏水が来る前に)
  ・さらに下流域の浚渫会を大人数で行う為に広域の地域説明会を開き協力者を募る。
  
下流域の浚渫個所は、
万願寺橋通りから舎人団地(南側用水路の開渠部分の最終地点)までの約900mの内700m程とすることにしました。
この700m地点には三田ゲートや宮ノ下溜井にある様な落し口があり、利用できるものと考えられるからです。

宮ノ下溜井…永福寺…全長寺…天満宮…万願寺橋通り迄は
所々土砂が水流を阻害しているものの割と常時水が溜まった状態になっており
この原因は万願寺橋を境に多量の土砂が水路に入り込んでいる為と考えられます。

その理由としては、木道エリアにみられる様な植栽は殆ど無く護岸が崩れることによるものです。
南側用水路を守る篠竹・クルミ・榎・ハンノキ等が切られてしまっている場所は
必ずと言っていいほど護岸崩壊が起こっています。

江戸時代は植物の使い方も現代人より遥かに上手でした。
若しかしたら人間は進化しているのではなく退化しているのかも知れません。

落ち葉や草を邪魔ものにして素敵な街が出来るわけありませんね…


〈本日の会議の成果〉

2020年オリンピックまでに南側用水路のほぼ全域の通水を実現させる!

以上です。
皆様大変お疲れさまでした!


2019-02-19 13:13 : 会議・勉強会・視察など :

杉戸町広報2月号の記事より

昨年末に行われたオソージ会を
杉戸広報2月号で紹介いただきました。

IMG_2646.jpg

皆で力を合わせて素敵な水辺空間を作り上げましょう!!
2019-02-06 20:54 : 未分類 :

平成31年2月2日 オソージ会の記録

暖かく春の様な日差しの下
気持ち良いオソージ会が行われました。

IMG_2615.jpg

いつもの木道エリアは勿論幅広いエリアのごみ拾いを行いました。

IMG_2616 (1)

木道の下流域の浚渫も行い春の通水に備えます。

IMG_2622.jpg

町の職員の方々の働きにより改善したエリアに向けて浚渫を繰り返します。

IMG_2621.jpg

差し入れのお茶とお菓子を頂き
充実した楽しい時間が流れました。

IMG_2618 (1)

町が本気になれば
南側用水路は半年もあれば全域にわたり通水出来ると思います。
正直それほど難しい仕事ではありません。

この水路がこの町の将来を決めます。
このプロジェクトの応援を宜しくお願い申し上げます。

町を本気にさせます!
我々は本気です!

見学希望の方はお気軽にご連絡ください…

IMG_2620.jpg
2019-02-06 19:42 : オソージ会の記録 :

2019年(平成31年)1月19日 初作業

穏やかに年が明けました。
本年もよろしくお願い申し上げます!

IMG_2503.jpg

年末にトロトロだったところは大分水がはけて締まりました。
レーキ(熊手の様な道具)で柔らかい土を掻き分けると、
浚渫した水道は確りとした水路になっていきました。
水の癖を知るところから水路作りは始まりますね!

IMG_2504.jpg

ここには私の大好きなウシガエルが住んでいます。
彼らにとっても住みやすい場所になるようにしたいものです。

IMG_2505.jpg

作業終了後下流の作業計画を確認すべく下流の散歩をしました。
今年中には宮ノ下溜井までの恒常的な通水を実現したいものです。

皆様宜しくお力添えの程お願い申し上げます。







2019-01-22 00:30 : オソージ会の記録 :

12月26日 杉戸町役場若手5人衆

本日は定例の活動とは異なり
杉戸町役場の都市施設整備課の若手5人による浚渫(しゅんせつ)が行われました。

名称未設定 12222

竹道を作り
トロトロのヘドロをかき分けていきます。

3333333.jpg

若いって良いですね!
この様な若い職員が大活躍出来る町であって欲しいものです…

5555555.jpg

トロトロの河床
次回までにここがどうなるか?

66666.jpg

朝から夕方まで大変お疲れさまでした!

77777.jpg

水路沿いの篠竹をヘドロの上に引けば長靴で歩くことが出来ます。
南側用水路名物 通称「竹道(ちくどう)」

888888.jpg

皆様の活躍により木道のところからメガネ暗渠までが繋がりました。

9999999.jpg

皆で知恵を絞れば絶対に凄い事が出来るはず!
頑張りましょう!!!

10101010.jpg

本日の活動で平成30年は最後となります。
皆様大変お疲れさまでした。


2019-01-22 00:08 : 未分類 :

12月12日

今年は暖かいので助かります。

111112.jpg

下流へ水を流す為に皆さんと力を合わせて浚渫をいたします。

名称未設定 11111

みんなで
ごみの無いホッとする水辺空間を作りましょう!

名称未設定 11111114


この冬の日差しの様に
とても静かで穏やかに
目立たず当たり前のように
生きていきたいものです







2019-01-21 23:42 : オソージ会の記録 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

エンドウキヨシ

Author:エンドウキヨシ

埼玉県北葛飾郡杉戸町
南側用水路清流プロジェクトのブログです

ブログ内の全ての写真・文章・イラストは著作権で保護されています。
copyright© by Kiyoshi Endo All rights reserved.

click!

ポチっと押して、この活動の応援を宜しくお願い申し上げます↓↓↓

南側用水マスコットキャラクター

ベロンチョ
ベロンチョ・ミナミガワ
ベロンチョガール
ポロンチョ・ミナミガワ

コイ
コイ

なまず
ナマズ

ワシザリガニ
ワシザリガニ

キツネ
きつね
©Kiyoshi Endo

このサイト上のイラスト、文章等、
無断でのご使用はご遠慮願います

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: